HOME Admin Write

アレックスの日々想うこと

人間中心の霊性から真の宇宙的霊性への進化 何事もポジティブシンキングで人生を謳歌していきたいですね。

皆様、こんにちわ
またもや、ご無沙汰致しております。
アメリカの大統領の選挙が終わり、落ち着いてきておりますが、市民の間ではデモが起きているとか?アメリカも大変ですね。

実は、次期大統領に選ばれるのはトランプ氏であることが分かっておりました。
FRBのオーナーであるユダヤ資本が、次期大統領はトランプ氏を支持する方向で決まっていましたから、大統領選挙は一種のお祭りと言うか?一種のカモフラージュなんですね。

アメリカは民主主義国家と言われていますが、とんでもないです。
政府の上を行く権力が存在しておりまして、この事については本記事の目的ではないので割合しますが、とにかく大統領でさえアクセス出来ない部分もあるんですね。
シリウスの映画や、「UFOテクノロジー隠蔽工作スティーブン・グリア博士著(めるくまーる出版)にも詳しいです。

本記事の目的は、霊の憑依現象に対する対策の事であり、この事を扱った実話をもとにした映画がある事をご紹介したいと思います。


この映画が実話をもとにして製作されたのであれば、一応見ておいた方が良いと思いますが、実際にこの映画を見ますと「こんな事が本当にあるのだろうか?」と思う程です。
それ位、凄かったと言うか?恐ろしいなあと思いました。

wikipediaによりますと、
『NY心霊捜査官』(Deliver Us from Evil)は、2014年のアメリカ合衆国のクライムホラー映画で、元ニューヨーク市警の巡査部長であり、実在する霊能力者だと言われているラルフ・サーキの手記『エクソシスト・コップ NY心霊事件ファイル』を原作としています。


ストーリーとしては、
ニューヨーク市警察の警察官であるラルフ・サーキは、動物園で母親が我が子をライオンの檻に投げ捨てるといった事件や、妻に対して激しい暴力をふるった男性の事件を担当していた。
これらの事件は一件全く関連性はないように思われたが、どちらの事件の加害者もまるで何か別のものに取り憑かれたかのような半狂乱の状態で逮捕されていた。
サーキはこれらの事件を捜査していくうちに、自分にしか見えない何かが裏に潜んでいることを確信する。
そんな彼の前に、メンドーサと名乗る神父が現れ、一連の事件は悪霊によって引き起こされたもので、サーキが持っている霊能力を使って事件を解決するよう彼に助言する。
こうしてニューヨークでたった一人の「心霊捜査官」となったサーキは、早速霊能力で事件を捜査していくが、その裏には彼の想像を超える恐ろしい存在が潜んでいた。
と言う事になっています。

犯人と思われるサンティノを捕らえて、警察の取り調べ室でメンドーサとサーキの二人で妻子の居場所を吐かせるべく、悪魔祓いを開始して尋問します。
その途中にガラスが割れたりとか、悪魔の名前を何とか聞き出して祓うことに成功し、サーキの妻子の居場所も判明して助けられました。
最後に、ラルフ・サーキの2人目の子どもが洗礼を受ける中、「現在は警察を辞めてメンドーサ神父の手伝いをしている 」的な字幕が出て映画は終わるのですが、邦題が「NY心霊捜査官」だと、まさか悪魔祓いが出てくるとは夢にも思いませんでした。

まあ、原題が「悪魔からの開放」とか「悪魔からの救済」なんですから、邦題が「NY心霊捜査官」ではなくて、題がそのままの訳にすれば良かったのではないかと思いました。
とにかく、警察の取り調べ室でエクソシストの儀式が新鮮でしたねえ。(笑)

エクソシストの儀式がキリスト教のカトリックによるものですが、これが日蓮正宗ならばどうなんだろうなあと思いました。

問題は、これが実話をもとにしたと言う点にありますので、私もアトゥンレイと言う高次元の意識体とコンタクトできたと言う事は、逆の事もあり得ると言う事なんですよね。
これは心していかないといけないなあと思います。





保存保存保存保存保存保存保存

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
アレックス
性別:
男性
趣味:
DIY、読書、映画鑑賞、投資
自己紹介:
最近は、何故か?リフォームに伴うDIYが増えました。(笑)

フリーエリア

Copyright ©  -- アレックスの日々想うこと --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS /  /