HOME Admin Write

アレックスの日々想うこと

人間中心の霊性から真の宇宙的霊性への進化 何事もポジティブシンキングで人生を謳歌していきたいですね。

皆様、今晩わ
本日、下の記事を見つけ、驚くべき内容なので掲載したいと思います。
一応、下記サイトのコメント欄を読んでいると本当に肯定的な意見が多い事に驚かされます。
                 ↓
ホーキング博士「人類はあと100年で終了」驚きの未来予測

記事が削除される可能性もあり、そのままの掲載をさせて頂きます。


北朝鮮問題は収まる気配がない。金正恩労働党委員長が「グアムにもアメリカ本土にもミサイルを撃ち込める」と豪語すれば、トランプ大統領は「いつでも攻撃できる態勢が整っている」と応答。まさに「言葉のミサイル」が飛び交う異常事態だ。

 そんな折、車椅子の物理学者として著名なホーキング博士が気になる未来予測を発表した。これまで、同博士は「人類の未来はあと1000年で終焉を迎える」との見通しを語っていた。

 ところが、この予測を全面的に見直した結果、「人類に残された時間は、せいぜい100年しかない」と軌道修正。なんと、900年も人類の未来を大幅にカットしてしまったのだ。

 ホーキング博士曰く「人類は急いで別の惑星に移住することを考え、実行しなければならない。地球は生物が生存するにはあまりにも危険が大きくなり過ぎた」。

 2度の世界大戦は言うまでもなく、個人レベルでも地域間でも、些細ないざこざから流血騒動、そして人種や宗教が絡まり、紛争やテロが絶えない有様だ。

 こうした状況に加えて、人類が自ら首を絞めるような行為を重ねた結果、「地球温暖化」という脅威が出現した。トランプ大統領は「地球温暖化はフェイクニュースだ。そんなものは存在しない」と啖呵を切ったが、テキサス州を襲った前代未聞の大洪水やフロリダ州やカリブ海を飲み込むようなハリケーンは紛れもなく、温暖化のなせる業であった。

「知の巨人」と異名を取るホーキング博士が、この期に及んで、人類の未来を900年も短く予測せざるを得なくなったのは、偶然ではないだろう。昨年末からこの半年ほどの間に起った事態に原因があるということだ。

 そして、その最たるものが北朝鮮の地下核実験やミサイル発射である。トランプ大統領と金正恩委員長との「言葉のミサイル」が本物の核弾頭の撃ち合いになる可能性が高い、ということだ。

 あるいは、北朝鮮の核保有をアメリカが認めることになった場合、韓国や台湾、そして日本も核保有の道を歩むことになる可能性が出てきた。いわゆる「核兵器の拡散」というドミノ現象が広がり、何らかの判断ミスや操作ミスによって、地球全体が核爆発に飲み込まれる恐れも大きくなったということであろうか。

 同博士の未来予測は、2017年6月15日のBBC放送のドキュメンタリー番組『新たな地球を求めての旅立ち』で紹介され、世界各国で大きな反響を呼んだ。

 だが、残念ながら、日本ではまったく話題にならなかった。日本では森友学園や加計学園をめぐる「忖度問題」でマスコミは連日大騒ぎ。政治家も次の総選挙が近い、といった短期的視点に立っているため、ホーキング博士のような長期的問題提起には誰も関心を寄せないようだ。

 これでは国家の命運を誤ることになりかねない。杞憂に過ぎなければいいのだが、冷静に今日の世界情勢を分析すれば、ホーキング博士の危機感や厳しい見通しに耳を傾ける必要があるだろう。(国際政治経済学者 浜田和幸)

他のサイトも合わせて掲載させて頂きます。
  1. ホーキング博士の気になる未来予測 地球温暖化とキラー・ロボット(前)
  2. ホーキング博士の気になる未来予測 地球温暖化とキラー・ロボット(中)
  3. ホーキング博士の気になる未来予測 地球温暖化とキラー・ロボット(後)


保存保存保存保存

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

差別ではありませんよ

彼は重病の研究者です。西欧のマスコミに取り上げられているだけで、実際にはゴーストライターが書いています。
考えてみてください。ずっと重い病気の人が、お金と権力と人脈を手に入れた。
彼を取り巻く組織も出来て、守らなけれならない。病状が重たくなっても、組織を守るために、いろいろなところから寄付金や出資金を集めないといけない。
彼は死後も組織を守るために、自説を曲げてでも、宗教組織の力を借りるしかなかった。家族のために、従業員のために。
病状が悪化し思考が低下すると、彼の名前を使って発表するだけ人が必要になった。
高齢者に聞けば分かるけど、人工知能もロボットも核兵器や終末論も、冷戦時代にマスコミが政府のプロパガンダとして宣伝したもの。
日本で騒がないのは、日本には正式な軍事産業がないため。もし自衛隊が憲法上で軍隊となったら、名だたる大企業が一斉に兵器を作り輸出をするでしょう。そうすると、マスコミも戦争を煽る風潮になりますよ。
見た目と名声だけで、判断は禁物です

ご意見有難う御座います。

そうでしょうねえ。

>日本で騒がないのは、日本には正式な軍事産業がないため。もし自衛隊が憲法上で軍隊となったら、名だたる大企業が一斉に兵器を作り輸出をするでしょう。そうすると、マスコミも戦争を煽る風潮になりますよ。
見た目と名声だけで、判断は禁物です

なるほど、一理ありますね。

プロフィール

HN:
アレックス
性別:
男性
趣味:
DIY、読書、映画鑑賞、投資
自己紹介:
最近は、何故か?リフォームに伴うDIYが増えました。(笑)

フリーエリア

Copyright ©  -- アレックスの日々想うこと --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS /  /