HOME Admin Write

アレックスの日々想うこと

人間中心の霊性から真の宇宙的霊性への進化 何事もポジティブシンキングで人生を謳歌していきたいですね。

みなさん、今晩わ
前回の記事は、簡単に霊界について書かせて頂きました。
特に、第一段階の幽界に入るまでですが、人は死んだら「自分は死んだのだ」と言う事実を認めることが出来るか?どうか?で、その後が変わってきます。
だから、人は死んだら自分は死んだのだと言う事実をまず受け入れると言う部分が重要なんですね。

何故かと言いますと、

自分が死んだ事実を認められない者は、この世に未練を残して地縛霊もしくは浮遊霊になったりして、次の段階に行けなくなります。




現代の社会は資本主義経済で回っております。
その為、欧米の、あるいは現代の物質至上主義が至る所に取り込まれています。
ですから、多くの現代人は「物とお金」が全てと錯覚して、忙しく働いている為に「死後の世界」なんて考える余裕と言うか?そういう環境にないんですね。

「死」とは、どういう事なのか?知らないままこの世を去りますと、自分が死んだと言う事が分からない為に地縛霊もしくは浮遊霊になったりして、霊界からの迎えにも気づかずに幽界に行けずにこの世をさ迷い続けます。
そして、中にはネガティブな感情が強いと人に憑依して悪事を働く事があります。

このところ、我が国では殺人事件や自殺が多いですね。

運悪くそこに居合わせた為に、たとえば、住宅侵入、一家襲い父親死亡 容疑者の男「覚えていない」という事件がある様に計画的な犯行ではありますが、途中でその様な時間内で憑依された地縛霊もしくは浮遊霊の犯行の可能性があります。

だから、容疑者本人は「はっきり覚えていない」とか?「だまされていた」?とかと言う様な事が起きると思われます。

身近な所で昔の事になりますが、私の知り合いの創価学会員の方も普段はおとなしい人なのですが、常に大工器械の音が煩いと苦情を言う隣のお二人を包丁で刺して殺してしまいました。
俗に言う「魔がさした」と言うことかも知れませんが、激情した時に憑依された可能性も否定出来ないのです。

自殺でも同様に思われます。
身内にも鬱になっている人もいる事から、どうも昔と比べてうつ病が多い様です。
鬱になりますと、死にたいと言う感情が芽生えるとか?
やはり危ないですねえ。
自殺する事に
そそのかされない様に気をつける必要があります。


地縛霊もしくは浮遊霊がそれに付け込まれる事のない様に、普段から心の状態を冷静に保つ必要があります。

心の状態、つまり気の状態を中庸にして最高の状態に維持していきたいものですね。

私の場合は、常に気の状態をエイトスターダイヤモンドによって
中庸にして最高の状態に維持して、食事は野菜と果物を多く採り、早めに寝て睡眠もなるべく多く取る、そして、早く起きる、そうした生活態度も大切だと思いますね。

鬱対策の書籍を読みますと、ほとんどが共通していますね。
好きな事をやるとか?ストレスの軽減とか?みな当たり前の事なのですが、・・・・・。

これだけでも立派な修行なのです。












保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存保存

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
アレックス
性別:
男性
趣味:
DIY、読書、映画鑑賞、投資
自己紹介:
最近は、何故か?リフォームに伴うDIYが増えました。(笑)

フリーエリア

Copyright ©  -- アレックスの日々想うこと --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS /  /