HOME Admin Write

アレックスの日々想うこと

人間中心の霊性から真の宇宙的霊性への進化 何事もポジティブシンキングで人生を謳歌していきたいですね。

私が今後に憂うことは、3点あります。

一つは、マイホーム失う人が今後急増?すると言う点でしょうか。

二つ目は、南海トラフ地震の予告があり、その日が10月28日なのです。

三つ目は、今から6年後に地球の氷河期がやってくると言う点です。



一つ目の話は、
3月末で「モラトリアム法」(中小企業金融円滑化法)が期限切れになったからであり、銀行など金融機関に対し、資金繰りに苦しむ中小企業の返済猶予に応じるよう求めた時限立法でした。

この法律は、中小企業への融資だけでなく、個人向け住宅ローンの返済猶予も対象としていたことはあまり知られていない様で、この法律によって景気悪化に 伴う賃下げや失業、病気などの理由で返済に窮する債務者に対して、元金返済はひとまず置いておいて、利息分だけを支払えばいいと言う内容です。
その結果、その期限が切れればどうなるか?ただでさえ返済に苦しんでいた債務者が元の金額を払い続けることなどできない上にすでに3月末を待たずに取り立てが始まっているそうです。

マイホーム失う人が今後急増?
モラトリアム法終了で住宅ローン苦 「途方に暮れる」の声も
金融モラトリアム廃止 中小企業の倒産は6万件になる恐れも
モラトリアム法再々延長しないと約10万社潰れると大前研一氏

アベノミクスが言われていますが、そのリスクとしては
国債先物が前営業日比1円下落でサーキットブレーカーを発動
円高・株高の新興が極めて有害である理由
などがあり、
そして、

住まいの処方銭】「住宅ローン」返済に困ったら早めに相談
が必要です。

2つ目の話ですが、
今後の南海トラフ地震は10月28日の満潮との事なので、よく調べたらお昼の2時25分位になります。
マグ二チュート15で津波の高さが30メートル?
これだと500万人の死者が出る可能性が高く、
一般の報道でさえ、3.11の10倍とか?そう言った予測もあり、マグ二チュートをさらに低く、津波は2メートルくらいに抑えて欲しいと宇宙人にお願いしているそうですが、この予告が外れる事を願っています。

南海トラフ地震の被害想定

一応、「南海トラフ地震」とうって検索してみて下さい。
災害に対する準備の用意をおすすめ致します。


3つ目の話ですが、
今年の4月5月でも異常に薄寒く、変だと思いませんでしたか?
これに関する関連記事がある様なので取り上げました。
3年分の備蓄が必要なのかも知れませんねえ。


6年後の氷河期に向けて~野菜工場~
太陽の活動が停滞し始め、6年後に氷河期?
黒点現象「ミニ氷河期前兆?
早ければ10年後くらいに地球が氷河期に入る可能性も
ミニ氷河期が明日始まるかも知れない
温暖化とは氷河期到来の事?
ロシア学者「氷河期はもう来年から始まる」

まだまだ時間がありますので今後は一緒に考えていきたいですね。
これに関するご意見・コメントがあればお寄せ下さい。


この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
アレックス
性別:
男性
趣味:
DIY、読書、映画鑑賞、投資
自己紹介:
最近は、何故か?リフォームに伴うDIYが増えました。(笑)

フリーエリア

Copyright ©  -- アレックスの日々想うこと --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS /  /