HOME Admin Write

アレックスの日々想うこと

人間中心の霊性から真の宇宙的霊性への進化 何事もポジティブシンキングで人生を謳歌していきたいですね。

本日は、5月3日で憲法記念日ですね。
安倍総理大臣は、憲法改正に強い意欲を示しており、そうあって欲しいと思います。
自民党は、改憲の手続きを定めた96条を先行して改正し、発議の要件を衆参両院の3分の2以上から過半数に引き下げるべきだと主張していて、「国民の間 でも時代に即した憲法改正を希求する機運が高まってきている」とする声明を発表しました。
但し、連立を組む公明党は、96条について「慎重に扱うべき」だ とクギをさしたうえで、「環境権など新たな理念を加えて補強する『加憲』が最も現実的で妥当だ」としている様ですが、創価学会の党である公明党はすでに百害あって一利なしの政党に成り下がっています。




創価学会と言うのは、完全に変容してしまって池田教を宣揚する団体になっており、確かに創価学会は本当に社会問題だと思います。
私も創価学会は嫌いですし、この世から無くなれば良いと思っている位です。

しかし、仮に無くなっても又の別の形になって現れるでしょう?
そもそも宗教は何のために発生したのでしょうか?
もともと必要でないはずの宗教が誕生したと言うのは、地球上の人類の歴史をもっとよく知らねばならないのかも知れませんね。 →  
http://spiritualismjp.blog.fc2.com/blog-entry-297.html

そう言えば、4月29日は「昭和の日」であり、昭和天皇のお誕生日でもありました。
この日は、親戚の法事があり義母の自宅に呼ばれました。
義母は創価学会の会員で、昔の私であれば断ったでしょうが、今の私はそうでもありませんでした。
何の特別な感情も無く馳せ参じて、法事の際に勤行がありましたが、目の前に学会の御本尊を目にしましたところで、今の私は全く気にしませんでした。
それよりか?亡くなった方が無事に霊界に行ける様にお祈りしておきました。

やはり、今の私はネガティブな事には余り反応しなくなったなあ?と思いました。
結局、自分で気づくしか方法が無い訳ですから、やはり最終的に気持ち良く法事を終え、気持良く食事をして談笑する、それだけでも良いと思いましたので皆を包むような気持ちでその点だけは留意していました。
自宅へ帰る際にお別れになりますが、義母は感謝の気持ちが一杯の目で私を見ていました。

「もしもの時は、ガンの特効薬もあるから安心する様に」と伝えたところ、「本当?」と目を丸くされていました。^^

この様に、皆さんは北風と太陽のイソップ物語があるのはご存知と思いますが、他にも宮主さんの言う「言葉に出すということは、呼んでしまうことにつながるんだよ。わざわざ呼んでおいて祓うことはないだろうよ・・・・・」の話にある様に、ネガティブな事に反応してネガティブに非難しても効果が殆ど無いのではないでしょうか?

特に、アンチ創価学会の人は創価学会を批判する事が戦いのようになっています。
創価学会を脱会する人達の手助けになっていて必要なブログだと思いますが、自分達のエネルギーを恨みつらみの気持ちなどのネガティブな事に使われたら本当に勿体無いと思います。
特に若い人程、教養のある人程、なおさらではないでしょうか?
それよりか、自分や自分の家族の人生を立て直す事の方が先ではないでしょうか?
そして、自分自身が成長する事の方が先ではないでしょうか?
そうなれば、大きな心で相手を包む事が出来るのでは?と思います。
それが出来るまではマイナスか?もしくはゼロの人生なのです。

相手を包めるようになってこそ、プラスの人生なのです。
だから、その点だけは気をつけて幸せになって頂きたいと切に願っています。


日本と言う皇国に生まれた事、昭和天皇にも感謝していきたいと思いますね。

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
アレックス
性別:
男性
趣味:
DIY、読書、映画鑑賞、投資
自己紹介:
最近は、何故か?リフォームに伴うDIYが増えました。(笑)

フリーエリア

Copyright ©  -- アレックスの日々想うこと --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS /  /