HOME Admin Write

アレックスの日々想うこと

人間中心の霊性から真の宇宙的霊性への進化 何事もポジティブシンキングで人生を謳歌していきたいですね。

癌の特効薬は、実は、旧約聖書の古代からあった様なのです。

いろんな聖書の文章から引用してみます。(訳し方なのか?日本語訳の文章が聖書発行元によっては随分違います。)


旧約聖書の「列王記下」


ヒゼキア(ユダヤの王)が死の床につき、神に祈り、病める腫物の上に「干しいちじくのかたまりをのでよ」という教えによってよみがえり、その後15年生き長らえた』


38:1 そのころ、ヒゼキヤは死の病にかかった。
預言者、アモツの子イザヤが訪ねて来て、「主はこう言われる。『あなたは死ぬことになっていて、命はないのだから家族に遺言をしなさい』」と言った。
                             (省略)     
38:21 イザヤが、「干しいちじくを持って来るように」と言うので、人々がそれを患部につけると王は回復した。


1 そのころ、ヒゼキヤは病気になって死にかかっていた。アモツの子預言者イザヤは彼のところにきて言った、「主はこう仰せられます、『家の人に遺言をなさい。
                             (省略)
7 そしてイザヤは言った、「干しいちじくのひとかたまりを持ってきて、それを腫物につけさせなさい。そうすれば直るでしょう」。


東風睦之(こちむつゆき)博士は、クリスチャンでしたので旧約聖書の記述に興味を抱いてヒントを得たそうです。
死 ぬほどの腫物なら癌に違いないと言う事で、その癌にイチジクが効くと言う事をこの聖書は示しているのではないか?という事で、イチジクの実をしぼった液 をネズミに注射するなどの実験をくり返し、有効であるという確信を得て、イチジク溶液から抽出した揮発油成分をがん患者に注射する治療を続け、一定の効果 をおさめたそうです。
そこで理化学研究所と共同で、その有効な物質は何か?と研究、その正体の一つがベンズアルデヒドであることを突きとめた様です。
2012/08/11

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

プロフィール

HN:
アレックス
性別:
男性
趣味:
DIY、読書、映画鑑賞、投資
自己紹介:
最近は、何故か?リフォームに伴うDIYが増えました。(笑)

フリーエリア

Copyright ©  -- アレックスの日々想うこと --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS /  /